バストアップ

バストアップするための栄養バランスと睡眠について

花冠をした女性の背面

今このページを読んで下さっている方は、皆さんが「なるべく早くバストを大きくしたい!」と思っているはずです。

私もそうだったので、お気持ち良く分かります。

ヒラクアップを始めて、分かった事があります。

バストアップの効果を「早める」為には、「栄養バランス」と「睡眠」も関係しているという事です。

これはバストだけじゃなく、美肌にも関係しているので、知っておいて損はありません。

言い換えると、マッサージだけでは「効果を早めるには不足」とも言えます。

なので、ヒラクアップのDVDでは、栄養や食事についての講座もあり、快眠の為のプログラムも用意されてます。


↑↑↑ヒラクアップ公式サイトはコチラから
万が一失敗しても返金保証があるので安心!!

バストアップに必要な栄養バランス

トロピカルジュースと青空

※大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、豆腐や豆乳、納豆などに多く含まれています。

バストアップに必要な女性ホルモンは、エストロゲンと呼ばれるホルモンです。

イソフラボンは、女性ホルモンと似た作用があります。

乳腺や脂肪を発達に効果的なので、積極的に食べた方が良い食材です。

※ボロン

ボロンは、キャベツに多く含まれていています。

エストロゲンの分泌を促進します。

ボロンは熱に弱いですので、サラダなど生で食べる必要があります。

※たんぱく質

女性ホルモンの働きを活発にします。

肉類に主に含まれていています。

ダイエット中でカロリーが気になる場合は、低カロリーなので、ササミがお勧めです。

ただ、いくらバストアップに効果的でも、そればかりを食べると、栄養バランスが崩れてしまいます。

バランスが崩れると、本末転倒で逆効果となります。

◎大切なのは栄養バランス、それに女性ホルモンを促進させる食材をプラスする事が、バストアップに効果的です。

腸内環境の改善が必要な理由

手をつなぎ合う女性の背面

あと自分の経験から言える事があります。

それは、便秘の人は悪玉菌によって腸内環境が悪くなっているという事です。

つまり、免疫力が落ちているという事です。

実は免疫細胞の7割が、腸の中にあるそうです。

免疫力が下がれば、カラダの全ての機能に悪影響が出ます。

バストアップの為の巡りも悪くなるし、ダイエット中の人は、痩せにくい体質になっていきます。

百害あって一利無し!です。

カラダって連動しているんですね~

一部分だけじゃなく、全体を見ないとダメなんだな~と知りました。

でもDVDを見ていれば、なるほどな~と分かるので、そんなに心配しなくても大丈夫ですよ。

睡眠とホルモンとの関係とは?

花を摘む花冠をした女性

寝る子は育つと言いますが、「成長」するには「睡眠」が不可欠です。

眠らない動物はいませんよね?

それは睡眠が必要だからだとも言えます。

そして夜行性の動物以外は、基本は夜に眠ります。

ただ人間だけが、自然の摂理に反して夜更かしをしたり、昼夜逆転の生活をしています。

仕事の都合や色んな理由があると思います。

それが悪いという事では無く、カラダや健康にとっては、好ましくないというだけです。

ただ、「バストアップしたい!」「痩せたい!」「美肌になりたい!」という方は、「早寝早起き」をお勧めします。

早寝した方が良い理由は、女性ホルモンや成長ホルモンが関係しています。

女性ホルモンや成長ホルモンは、夜10から深夜2の間に分泌される事がわかっています。

睡眠はカラダを休息させる目的と、カラダを成長させる準備をしているんです。

眠っていれば得られるホルモンを逃すのは、とても勿体ない話ですよね?

質の良い睡眠を取るには?

海をバックに黄昏ジャンプ

日本人成人の20%が慢性的な不眠で、15%が日中に過剰な眠気を感じているという調査結果が出ています。

そういう私も、数年前まで不眠で睡眠導入剤を服用していました。

カラダはだるいし、頭痛はするし、便秘になるし、肌は荒れるし、絶不調な感じでした。

薬は不眠症を治してはくれませんでした。

根本的な解決にはなりません。

私の不眠症が治ったのは、早朝の散歩を始めたからです。

朝の光を浴びると、体内時計がリセットされます。 メラトニンの分泌が止まります。

メラトニンは眠りを誘う作用や抗酸化作用があります。

病気予防や老化を防止作用があります。

メラトニンは、朝の光を浴びてから14〜16時間ぐらい過ぎると、経過すると再び分泌されます。

私は5時に起床して、6時には散歩へ行くので21時頃にはウトウト眠くなります。

22時~深夜2時までの睡眠のゴールデンタイムは、グッスリ眠る事が出来るようになりました。

快眠の為にしてはイケナイこと

メラトニンは夜間に分泌されます。

光によって調節される性質があります。

なので夜中に明るい照明の中にいると、メラトニンの分泌が抑えられてしまいます。

ベッドの中でスマホを操作するのも、快眠の為にはよくありません。

快眠に必要なこと

・朝に日光を浴びる

・日中の仮眠は30分まで

・カフェインの摂取は就寝の5時間前まで

・アルコールの摂取は適量を就寝3時間前まで

・1日30分、週3日の運動

・就寝1時間前にはテレビやスマートを消す

生活時間を変えるのは簡単では無いですが、私の経験上メリットは大きかったです。

ブラは正しく選びましょう。

>>>ヒラクアップについて解説しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。